FC2ブログ
消費者金融の審査はやっぱり厳しいですよね。消費者金融審査に関するサイトです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
法定 利息
利息制限法と公序良俗
商品価格:16,800円
レビュー平均:0.0

NIS、今期300億円の最終赤字に転落=追加損失の計上響く
時事通信
灰色金利撤廃に伴う利息返還に備えた引当金を約44億円追加で積み増すほか、最近の株安を受け、有価証券の評価損55億円を減損処理する。この結果、繰り延べ税金資産 ...(続きを読む)


法定利息の275倍、ヤミ金業の山口組系幹部を逮捕
読売新聞
調べによると、和田被告は県知事に貸金業の登録をせずに、昨年6月~同11月ごろ、同市内の男性3人に法定利息の上限(1日あたり0・08%)の最大275倍で ...(続きを読む)


ヤミ金の暴力団幹部逮捕 法定利息の276倍契約 愛知
朝日新聞
... 区内などで数回にわたり、計180万円余りを貸し付け、法定利息(1日あたり0.08%)の4.6~276倍にあたる計26万円の利息を受け取る契約をした疑い。 ...(続きを読む)



多重債務について
多重債務について知り合いの女性(30代・独身)の事で質問させてください。彼女は6年ほど前に人に騙されて発生した(借金)を抱えています。消費者金融やカード会社のキャッシングなど数社から、現在でも総額600万円ほど残っているようです・・・。 ずっと毎月、金利だけを返済していくのがやっとの状況です。家賃や生活費も掛かりますので相当きつそうです。働いていますが正社員ではありません。本人は「自分の責任だから」と何年も頑張っていますが、体調も悪くなるなど、もう限界です・・・。 「自己破産」やその他の手段をとるしかないと思います。私としては肩代わりできるはずもない金額ですし、経験や知識も有りませんので、こういう形で情報を集めることしかできません。 弁護士さんに相談するにしても、一緒に付き添おうと思いますが、費用も高額だと聞きます。 皆様の中で、過去に同じようなご経験がおありの方、もしくは詳しい方、どうぞよろしくお願いします。 早くしないと取り返しのつかない事になりそうで非常に心配です。 よろしくお願いします。(続きを読む)

給食費未払いと保育費の滞納。何故もっと強硬な手段を取れないのでしょうか。一部...
給食費未払いと保育費の滞納。何故もっと強硬な手段を取れないのでしょうか。一部の自治体では財産差押えをしているそうですが、全部の自治体でやって良いと思います。それから、徴収員が何度も訪問したり電話をしたりしている経費、及び払わない期間に応じての利息も加算して請求してもいいと思います。もちろん一部の本当に払えない人は別ですが(生活が苦しくても千円ずつ払う人もいると新聞にありました)悪質な場合は玄関に大きな張り紙をしても良いことにする。というかむしろ貼らないといけない決まりにする。給食費未払いは子供に無銭飲食をさせている犯罪者なので保護者の名前を公表する。財産差押えをする。それでも払わない場合、世帯主の会社に督促状を送る。会社が給食費もしくは保育費を払い、その分は給料から引いて渡す。でも会社はそれを理由に解雇はできないことにする。一応。でも左遷はOKとか(笑)↑ぐらいしてもいいと思うんですが・・・。そうしないと厚顔無恥な保護者がのさばるばかり。罵声を浴びせられる徴収員や一時間も玄関で待たされた徴収員も気の毒すぎます。そして厚顔無恥な親に育てられた子供が大人になって社会人になるのが怖いです。周りの人がそんな人ばっかりになったらイヤです。話長くてすみませんが質問は一番上に書いたとおり、未払い者に対して、何故もっと強硬な手段を自治体は取れないのかということです。皆様のご意見をお聞かせ下さい。(続きを読む)

借金の返済について相談させて下さい。
借金の返済について相談させて下さい。プロミスに50万・ディックに30万の借金があります。プロミスの毎月の最低返済額が1万5千円ディックが7千円です。現在、最低限度額ぎりぎりの額を毎月返済している状態です。拉致があきません。。何か良い返済計画はないでしょうか。。私事でみなさまに頼ってしまい申し訳ありません。お願致します。ちなみに私は23歳でフリーターをしており、月17万程度の収入です。(続きを読む)


キャッシングok[借入 残高]
借入残高によって、利息を含む定額の返済額が見直さ際に確定申告が16年度の残高の場合があるようですので、ローンをいい 借入れが重視すること」、また、毎月の金融会社、年金住宅ローンといい、借入額の2035%からなるというの目安です。 ...(続きを読む)

利息
しかし利子を取る金融を、不当なものとして排除してきた教皇庁が、税金や給料を払うための「補償金」という名目において事実上認めたことから、以降人目を避けずに利息つきの金銭貸借ができるようになり、新しい両替商たちが成長し、ルネサンスの原動力と ...(続きを読む)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。